児童労働

開発途上の国では急速な開発や都市化のために

貧困層も増大しています。そういった流れの中で

児童労働者の数も増加の一途をたどっているのです。

たとえばフィリピンだけで児童労働者は約210万人

世界では2億5千万人の子供たちが危険で低賃金の

労働に携わっています。彼らの多くはストリートチルドレンで

あったり、満足な教育を受けられないでいたりするのです。

日本でいえば小学校低学年にあたる6才〜8才という年齢の

子供たちもこの労働に携わっているのです。
思い切り遊び、いたずらをし、冒険をして育っていく

はずの少年期、いろいろなことを学び、感じ、

身につけていくはずの成長期。



人生の中でもっとも楽しく輝いているはずのこの時期に

子供たちは過酷な労働を課せられているのです。


世界にはお金が有り余っている人もたくさんいます。

あきらかに無駄に使われている税金もたくさんあります。


そのいくらかでも、こういった子供たちのために使われるなら

もっともっと子供たちの笑顔が世界に広がっていくのです。


世界の現状は、僕たちの価値観を少し変える必要を

訴えているのではないでしょうか?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。