HIV

世界で約220万人の子供たちがHIVに感染しています。

母親の胎内での感染が主な原因であるので

なかなか防ぐ手立てがないのです。

最新の研究で抗レトロウィルス治療(ART)など

有効な治療方法も浸透してきたのですが

まだまだエイズ感染による被害が防ぎきれていません。
・母子感染の予防や治療

・母親をエイズで亡くしたエイズ孤児の支援

・偏見による差別からの解放

・無知による若者のエイズ感染の阻止

などなどまだまだ課題が山積みになっています。

有名な俳優さんやサッカー選手などがエイズ/HIVの

問題についてキャンペーンや支援活動に参加をしています。

日本でも「遠い国の話」と思ってはおれません。

北京オリンピックで注目の中国でさえ、たくさんの

エイズ患者や孤児の問題をかかえているのです。

もともと人類の無謀な自然破壊から生まれたとされる

この病気、ここでも悲しい思いをしている

いちばんの被害者は子供たちなのです。

撲滅キャンペーンなどの情報にはぜひ

耳を傾けてください。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。