ORS(経口補水塩)

子供の死因の7分の1は下痢を伴う病気といわれています。

特に開発途上国では3人に1人の子供が慢性的な栄養不良

になっています。

体力や抵抗力が弱いため不衛生な水や食べ物がすぐに

下痢・脱水症状を招いてしまいます。こういった症状を緩和・改善するのに有効なのが

糖分・塩分を適量に配合した経口補水塩(ORS)なのです。

日本で生活していると下痢や脱水症状をおこしても

水はもちろん、適切な治療や薬、栄養のあるドリンクなど

症状を改善できる術が揃っているので、こういった

補水塩などの必要性をあまり感じないかもしれません。

しかし開発途上の国々ではこのORSが救世主になり得るのです。


そしてこのORSの費用は1人分でなんと「6円」です。

そしてこれが行き渡れば毎年150万の命が救われると

いわれているのです。

総額で6×150万=900万円 です。

900万円あれば150万人の命が救える。

日々、つい疎かにしてしまう1円玉の重さを

感じずにはいられませんね。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。